Iライン脱毛とその施術方法

Iライン脱毛とその施術方法

Iライン脱毛とその施術法について考察しましょう。

 

Iライン脱毛とはどの部分の事を指すのかをまず確認しましょう。

 

これは足を広げてはじめて取り除く事ができる部分の脱毛の事を指します。
Iライン脱毛の「I」はいわゆる女性の生殖器の形からきたもので、その周りの毛の処理を指して用いられています。

 

このIライン脱毛もそれぞれの場所によってどこまでするかの違いがあります。
違いがあるのはいわゆる陰部の奥の部分にある毛を脱毛するかしないかです。

 

一般の脱毛エステサロンでは陰部の粘膜部に生えている毛までは処理しない傾向にあります。
色素沈着も強い箇所なので、普通のフラッシュ脱毛器では処理しづらいからです。

 

しかし、脱毛クリニック(医療系)ではこの部分の脱毛をしてくれます。
なぜならフラッシュ脱毛器よりもピンポイントで脱毛できるレーザー脱毛を採用しているからです。

 

色素沈着が多い部分でも、無駄毛の量は決して多くはないところなので、丁寧にピンポイントで取り除いていってくれます。

 

どのような施術法でこのIライン部分の脱毛が行なわれるのでしょうか?

何も履かないというエステサロンも存在します。
実際にはそれがIラインの脱毛に一番適した状態だからです。

 

しかし大抵は紙パンツを着用します。
でも実際には左右から紙パンツをずらしてIの部分を処理していくので、隠してないのと同じかもしれません。
大部分は丸見えの状態で施術が行なわれます。

 

お客様の気分的に紙パンツを着用させるのでしょうが、実際には隠してないので意味はありません。

 

さて実際の施術法ですが、まずは仰向けになります。
片方の足の膝を曲げた状態で立たせて、次にそれを横に寝かせます。
左右片方ずつIライン部分の毛を脱毛処理していきます。

 

問題は先ほども少し論じたI部分の内部の毛の処理です。
恥ずかしいと感じて、「その部分はいいです」と言う人もいますが、内部には毛は生えています。
目的を考えるとやはり処理をした方が賢明でしょう。

 

実際にはある程度のお金を払ってしてもらいますので、お勧めは丸見えになってもいいのでしっかり脱毛器を打ってもらうことです。
向こうはプロですので、恥ずかしいという感情は捨て、脱毛士がやりやすいスタイルでしっかり脱毛してもらうほうがいいでしょう・

 

この部分はかなり脱毛しにくい部位でもあります。
なぜなら毛の生えている方向が一定ではない上、色素も沈着しており、尚且つ皮膚が平らではないからです。

 

最後に痛さです。

この部分の脱毛は他の部位よりすこし痛い事を覚えておきましょう。