黒ニキビ

黒ニキビとは

黒ニキビは白ニキビ同様にニキビの初期段階です。

しかし、白ニキビと違うのはニキビの出来方です。
白ニキビが毛穴の出口が塞がったことにより出来るのに対し、黒ニキビは入り口が角栓などにより毛穴が広げられるため汚れ等が溜まりやすくなりそれがニキビへとなります。
そして、溜まった汚れは空気により酸化して黒くなるので黒ニキビと言われます。
黒ニキビは特に鼻とその周りに出来やすいため、目立ちやすいです。
悪化してしまうとさらに目立つので、初期段階である黒ニキビの段階でしっかりケアしておきましょう。

黒ニキビの原因と対策

黒ニキビの主な原因は間違った洗顔方法やクレンジング方法、乱れた睡眠・食生活などです。
睡眠や食生活は白ニキビと同じです。
間違った洗顔方法とは、ニキビが出来てからしっかり洗顔しては遅いのです。
ニキビが出来たらしっかり洗顔をしたほうが良いと聞いたことがあるかもしれませんが、これは違います。
出来たからとしっかり洗顔は確かに大切かもしれませんが、強く擦り過ぎたり頻繁に洗うのは良くありません。
強く擦ることで肌にダメージを受けてしまい、さらにニキビを増やす原因になってしまいます。
頻繁に洗うと必要以上に皮脂を取り除いてしまうため、肌を潤そうとさらに皮脂が出てきてしまいます。
皮脂が増えるとニキビの原因となってしまいます。
洗顔は優しく1日1〜2回するようにしましょう。

 

メイクはしっかり毎回落としていますか?
落とさないまま寝てしまったりしていませんか?
メイクの洗い残し等は毛穴の詰まりの原因になってしまい、黒ニキビになりやすいです。
毎日しっかり落としてから寝るようにしましょう。

黒ニキビのケア法

黒ニキビのケアとしては白ニキビと同じです。

正しい洗顔やスキンケア、食事で良くなります
後はしっかり睡眠が必要です。
お肌のゴールデンタイムと言われる夜10時〜2時にはしっかり寝るようにしましょう
この時間は成長ホルモンが分泌される時間なのです。
寝ることでお肌の修復に必要な成長ホルモンが多く分泌されるので寝ている必要があります。
さらに言うと成長ホルモンは徐々に分泌され始めるため、30分〜1時間前に寝ているとなお良いです。
しっかり寝てニキビを治しましょう。