赤ニキビ

赤ニキビとは

赤ニキビとは白ニキビや黒ニキビの初期段階のニキビ悪化した時にできるニキビです。

初期段階のニキビを正しいニキビケアが出来ていないと、アクネ菌が繁殖し炎症を起こした状態を言います。
赤ニキビは名前の通り赤く膨らんでしまっています。
赤ニキビは炎症が起きているので、痛みやかゆみがあるときがあります。
かゆみがある場合は無意識に触ってしまうことなどがあるため、炎症を悪化・広げてしまうことがあります。
赤ニキビは出来てしまうとかなり高い確率で後が残ります
ニキビ跡が出来てしまうと自力で治すのは不可能です。
なので、出来てから一生懸命ケアをするよりも初期段階である白・黒ニキビの時にケアして起きましょう。
出来てからもしっかりケアすれば、後を薄くすることは出来るので、諦めずにしっかりケアしましょう。

赤ニキビの原因と対策

赤ニキビは白ニキビ黒ニキビをしっかりケアしなかったことで悪化したものです。
白ニキビと黒ニキビができた時に睡眠や食事などをしっかり見直さないと、あっという間に赤ニキビになってしまいます。
しかし、いきなり赤ニキビから出来るのではないので自分でしっかりケアすれば後を残す赤ニキビは作らずにすみます。

 

睡眠や食事以外にもお肌のターンオーバーが乱れていると、赤ニキビが出来やすくなります
ターンオーバーは正常で平均28日でおこなわれますが、紫外線によるダメージや加齢などの原因で遅くなってしまいます。
そうなると、肌の表面に古い角質が溜まり毛穴を詰まりやすくしてしまいます。
ニキビを悪化させやすい原因の1つです。


なので、しっかりした日焼け対策も必要です。
日焼け対策は夏だけおこなっている人もいると思いますが、冬でも紫外線はしっかり降り注いでいます。
ただ、夏に比べ少し弱いだけです。
なので、冬も夏よりは弱めの日焼け止めで紫外線をブロックしましょう。

赤ニキビのケア法

赤ニキビは白ニキビや黒ニキビの時のケア法だけでは治り難いです。
なので、出来てしまったら皮膚科に行くことをおススメします
ニキビで皮膚科に行くのは気が引けると言う人もまだまだ多いと思いますが、的確な治療をしてくれるので治りも早く跡を残しにくいです。
なので、出来るだけ行くようにしましょう。

 

自宅でケアしたい時はニキビの炎症を抑えてくれる薬があるので、ドラックストア等に行って薬剤師さんに相談してみましょう。

 

そしてニキビがあるところは出来るだけメイクをしないようにしましょう

クレンジングの際はニキビを潰さないように優しく洗い残しのないように丁寧にクレンジングしましょう
洗い残しがあると悪化の原因になるので、しっかり落としましょう。

 

あとは、初期ニキビ同様しっかりした洗顔やスキンケア、食事でケアしましょう。